荷物や貨物を運ぶドライバーのメリット

一人で運転できるので気疲れしない

客を乗せるドライバーではなく、荷物や貨物を運ぶドライバーのメリットはどういったものが挙げられるでしょうか。まず長距離配送の場合、一人の時間が長いので気が楽ということがあるでしょう。人を乗せる場合、気を遣うことが多いです。すごくイライラしていて、ちょっとでも道を間違えたら文句を言ってくるような人だったり、泥酔して自分がどこに行きたいのかもまともに伝えられない人が乗ってくる可能性もあるからです。荷物や貨物の配送であれば、誰かに文句を言われながら運転するというプレッシャーはありません。

配送ルートがある程度パターン化しているというのもメリットです。タクシードライバーの場合、まったく知らない場所へ行くように指示される可能性がありますが、荷物や貨物の配送だと、だいたい決まったエリアに届ければいいので、道に迷う心配は少なくて済むでしょう。

ルートがある程度パターン化されている

食事やトイレに自由に行けるというのもメリットでしょう。個人向けの荷物の配送を行う場合は、お昼を配達指定時間にする客も多いので、それらの配達が終わってから食事ということになるかもしれませんが、長距離トラックのドライバーなどであれば時間的な融通がある程度きくからです。また、安全性という点で客を乗せて走るドライバーよりも、荷物や貨物を運ぶドライバーの方が有利といえます。というのは、客とのトラブルというのがないからです。

貨物を運ぶドライバーの場合、運転席などの飾り付けをある程度自由にできるという楽しさもあります。タクシーの場合、家族の写真を運転席に飾ったり、マスコットのぬいぐるみを置くといったことは不可能ですが、客を乗せない長距離トラックであれば、その程度の自由は許されています。