荷物や貨物を運ぶドライバーのデメリット

荷物が破損する可能性がある

荷物や貸物を運ぶドライバーの仕事は、荷物などを破損させてしまう可能性があるというのが仕事上の1つのデメリットです。荷物の中には、破損しやすいものも含まれていて、例えば荷物を運んでいる時にうっかり落としてしまったり、荷物を置いた時に強い衝撃を与えてしまうと壊れます。もし、自分の不注意で壊したり破損させてしまうと当然ながらクレームがあるし、会社にも迷惑をかけてしまいます。もちろん、自分の評価も下がりますよね。 そこで、このような状態にならないためにもすべての荷物を丁寧に運んで衝撃を与えないようにしましょう。特に割れ物が入っている段ボールは、1つのミスですぐ破損につながるので扱いに注意が必要です。また、仕事に慣れてくると荷物が入った段ボールを運ぶ時に扱いが雑になりやすいで油断は禁物です。

長時間運転する事が多くなる

荷物を運ぶドライバーの仕事は、長時間運転する事が多くなり、運転による疲労が溜まりやすいのです。例えば、大阪から福岡のように高速道路を利用して長時間運転しなければいけないケースもあります。もし、上手く疲労を回復できないと途中で眠くなってしまったり、うっかり道を間違えてしまうこともあります。そこで、プライベートでは疲労回復優先のスケジュールを計画します。さらに、有給休暇を使ってリフレッシュさせるのも1つの良い方法です。また、仕事中は2時間ぐらい運転したら少し休憩を取るなど疲労が蓄積しないように上手く対応しましょう。このようにするだけでも、運転による疲労が溜まりにくく集中力を保ちながらドライバーの仕事ができます。