荷物や貨物を運ぶドライバーを選ぶポイント

求人に応募する前に一日の業務量や労働時間を確認しよう

荷物や貨物を運ぶドライバーの仕事は、経験が無くても業務に必要な免許があれば採用されやすいですが、勤務先によって長時間労働を任されることもあるため慎重に求人選びをすることが大切です。一般的に、ドライバーの在籍数が少ない運送会社や物流会社においては、時期や曜日によって一人あたりの業務量が多くなったり、思い通りに休憩時間が取れなくなったりすることもあります。また、24時間体制で荷物や貨物の運搬を行っている会社で働く場合には、変則勤務に対応できるかどうか慎重に判断することが大事です。なお、過去にドライバーの仕事をしたことがない人は、体験入社などのシステムが導入されている運送会社や物流会社を選ぶのも良いでしょう。

採用後の免許取得のサポートがあるかどうか調べておこう

大手や中堅の運送会社や物流会社の中には、荷物や貨物の運搬業務に携わる若手のドライバーの確保に積極的なところが多くあります。こうした会社においては、入社時に特定の免許持っていない人も見習いとして仕事に就けるところもあり、様々な立場の若年層の求職者から注目が集まっています。また、会社によっては採用後に大型や中型の免許取得のサポートが行われることがあり、経済的な面で負担なく働くことが可能です。免許取得に関する具体的なサポートの内容や、教習期間中の手当の有無については会社ごとに大きな違いが見られるため、各社の求人票やウェブサイトに目を通して、自分にとって理想的な条件で働ける会社を見極めるのがおすすめです。